馬プラセンタと豚プラセンタの違い

 

美容用のプラセンタとして代表的なのが豚由来のものと馬由来のものです。アンチエイジングや美肌に役立つなど基本的な働きは共通していますが、両者を比較すると違いがあり主な点を解説します。まず含まれているアミノ酸の量と種類は馬プラセンタの方が豊富です。プラセンタは胎盤の有効成分を抽出したものですが、出産回数が多く、また一度に産む赤ちゃんの数も多い豚に比べ、馬は年に1回、一頭が平均の割合なので栄養濃度が高いのが特徴です。また体温が豚より高い馬は病気にかかりにくいため、抗生剤を何回も打つ必要がく安全性が極めて高いのが利点ですが流通量が少なく高価になりがちです。同量であれば成分的には馬プラセンタの方が優れており、また若返りに役立つ成長因子も豊富に含んでいます。そのため、疲れの緩和などの健康問題改善から、美白など美容用途まで全般的に働きかけます。安価で気軽に入手できる豚と異なり、馬は希少性が高いだけでなく、安心面でもメリットがあります。ただプラセンタは加工の仕方によっても品質が大きく左右されるため、原料の原産地に関わらず、なるべく栄養素を壊さない方法でカプセル充填しているメーカーのものを選ぶべきです。

 

プラセンタ育毛剤